【店舗情報】
mail:info@caligari.jp


渋谷カリガリ(閉店)


カリデリ 丸の内

千代田区丸の内2−4−1 丸の内ビルディング B1
【営業時間】
11:00~21:00 日祝11:00~20:00


秋葉原カリガリ

東京都千代田区外神田3-6-9 沖村ビル1F
tel : 03-3527-1262
【営業時間】
平日 : 11:30-15:00 (LO:14:30) 17:00-23:00 (LO:food 22:15  drink 22:30)
土日祝 : 11:00-23:00 (LO:food 22:15  drink 22:30)

カリガリレディオ ホリエモン刑務所カレー インド人完全無視カレー タスケンジャーカレーー

インド人完全無視カレー再販!

2年前に良くも悪くも話題になりました「インド人完全無カレー」がこの度、レトルトになって再販を開始致しました!!
長い道のりで御座いました。。。

 

前回は3食セットで3,000円(送料込み)だったのですが、「高い!」「ぼったくり!」等のお叱りを受けました・・・涙

 

しかしですよ!我が社カリガリは渋谷に7坪程のお店を1つ持つのみの超超弱小企業なんですよ!(逆切れ)

皆さんスーパーで買えるようなレトルトの会社の規模と比較して下さい。

 

長くなるので省略しますが、要は個人が生産工場を動かしてオリジナルのレトルトカレーを造る様なものなんです。どうしても膨大なコストがかかってしまうのです!

 

えっと愚痴をいっている訳ではなくてですね、そういった色々な問題を乗り越えて味もこだわり、前回と変わらぬ美味しさにし。更に値段を送料は別とは言え550円までどうにか下げる事が出来ました。

 

頑張りました!
そして今回の再販という訳です!!

 

満を持して製作したカレーのプロデュースは勿論、株式会社バーグハンバーグバーグです!!

 

インド人完全無視カレー再販!!

 

「おいしさ0.8倍」「劣化版」「楽に生産」

 

こらーーーーーーーー!!!!!

 

早速事務所に殴り込みや!!!

 

事務所にたどり着くと早速シモダさんがこの件について説明をしてくれました。
ざっくりと書くと

 

シモダさん 「等価交換の原理ってご存知ですか?」
二木 「と、等価交換ですか?」

 

シモダさん 「ある意味では質量保存の法則とも言えるかもしれない」

二木 「し、質量保存?」

 

シモダさん 「値段と味の相対性理論!」
二木 「相対性理論!!」

 

そこから1時間程、至る所にシモダさんの写真が置いてある部屋で、シモダさんの頭の中の計算式をご教授頂きました。

 

シモダさん 「つまり、値段が下がったという事は?当然?」
二木 「味が下がる・・」

 

シモダさん 「聞こえない!!」
二木 「味が下がる!!!!!」

 

シモダ先生 「そういう事です」
二木 「ありがたい・・ありがたいぃぃぃーー!!!!!」

 

何となくしか理解出来なかったのですが、難しい言葉が色々出て来たので僕はすっかり安心したのです。
目から鱗とはこういう事なのです。

 

話を聴く前の納得していない写真

 

 

お話を聴かせて頂き目が覚めた写真

 

この世の全てに祝福あれ!!

 

現在渋谷のお店ではレトルトではない商品が850円で食べられます!

850円という事は?味も?

 


カテゴリー: お知らせ, ニュース   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。